山陽新幹線事故、死亡の男性を書類送検 線路立ち入り疑い(西日本新聞)

北九州市八幡西区で走行中の山陽新幹線に男性がはねられ死亡した事故で、福岡県警は12日、新幹線特例法違反(線路立ち入り)の疑いで、同県直方市福祉施設の男性職員=当時(52)=を容疑者死亡のまま福岡地検小倉支部書類送検した。

⇒【画像】衣服や足の一部などが見つかったとされる現場付近のトンネル

 書類送検容疑は6月14日午後1時40分ごろから同2時すぎ、同区上香月4丁目の新幹線高架橋に設置された検査用のはしごを使って線路内に侵入した疑い。県警は自殺と断定した。

 JR西日本によると、男性をはねた新幹線は博多発東京行きのぞみ176号で、事故後、ボンネットが割れたまま走行を続けた。JR小倉駅北九州市小倉北区)で擦れ違った新幹線の運転士が連絡し、新下関駅山口県下関市)で停止。のぞみ176号の運転士は異音に気付きながら運転指令に報告していなかった。

 この事故で上下線76本が運休、最大263分の遅れが生じ、乗客約4万1500人に影響が出た。

=2018/07/12付 西日本新聞夕刊=