選抜16強の国学院栃木が2回戦敗退 栃木大会 高校野球(産経新聞)

第100回全国高校野球選手権記念栃木大会で12日、今春の選抜大会でベスト16に進んだ強豪・国学院栃木が2回戦で宇都宮工に1-2で敗退する波乱があった。

 この日、国学院栃木は春夏合わせて9回の甲子園出場を誇る古豪・宇都宮工と栃木市営球場で対戦。初回から安打で出た長谷川が連続盗塁で三塁に進むなど積極的に攻めたが、得点に結びつかない。

 五回には2番手・渡辺が3連打を浴びて先制点を許し、さらに2死二塁から宇都宮工の9番・大房に中前適時打を打たれ、この回2失点となった。六回は2死から3者連続四死球で満塁のピンチを招いたが、6番・平石から三振を奪って無失点で切り抜けた。

 攻撃では七回1死一塁から大栗の三塁打が出たが、1点どまり。7安打を放つも連打は七回だけ。1回戦では12安打7得点でコールド勝ちした打線も、この日は宇都宮工・小林を攻略できず、競り負けた。

 国学院栃木は今春の選抜大会で水沢、渡辺、宮の3投手の継投「三本の矢」で1、2回戦を勝ち抜いた。今大会は保科も力を付けて好投。4本柱と投手力を強化して臨んだ。夏の栃木大会は3年連続、決勝で作新学院に敗れていた。