香川・三本松が快勝 次戦は今春四国大会Vの大手前高松 「思い切りぶつかる」(デイリースポーツ)

「全国高校野球香川大会・2回戦、三本松9-0高松桜井」(12日・レクザムボールパーク丸亀)

 昨夏甲子園8強の三本松が16安打で9点を奪い、七回コールドで初戦を突破した。

 初回に1死三塁から3番・児島大也内野手(3年)の右中間三塁打で1点を先制。2-0の四回には4安打で3点、六回には5番・市原文太内野手(3年)の左前2点適時打など5安打で3点を奪いリードを広げた。

 投げては昨夏甲子園のマウンドを経験したエース・山花悠陽投手(3年)が5回を5安打無失点の好投。2番手の亀井駿典投手(3年)も2回を無失点に抑えた。

 「打線が振れていた。山花もしっかり低めに変化球を集められていた」と日下広太監督。主将の下地海誠内野手(3年)も「チャンスでしっかり点を取れた」と笑顔で試合を振り返った。

 連覇を目指す三本松は、3回戦で今春の四国大会王者・大手前高松と対戦する。日下監督は「チャレンジャーとして思い切りぶつかりたい」と話した。