じわじわ広がる“タトゥーフレンドリー”施設とは?(MBSニュース)

温泉や銭湯などの温浴施設では、タトゥーや入れ墨をした人の入浴を禁止しているところも多くありますが、日本を訪れる外国人が年々増加している今、タトゥーをした人の入浴を認める施設が増えています。タトゥーOKを意味する「タトゥーフレンドリー」という考え方が、じわじわと広がりつつあるといいます。