ベティス移籍の乾、背番号はW杯と同じ14番に「これが最後の移籍」(ゲキサカ)

エイバルからベティスに移籍した日本代表MF乾貴士が12日、都内のスペイン大使館で入団会見を行った。背番号は14に決定。クラブでは初めての番号だが、日本代表としては2ゴールを決めたロシアW杯でも背負った馴染み深い番号になった。

 選手の母国で入団会見を行うのは、リーガ・エスパニョーラ史上、乾が初だという。ベティスのイメージについて「昨季のベティスのサッカーはすごく魅力的だったので、自分もその中でやってみたいなという思いはあった。そういうときにオファーをもらえたので、挑戦してみたい思いはあった」と、移籍に至る経緯を語った。

「自分自身、今年(6月)で30歳になったし、おそらくこれが最後の移籍になるんじゃないかなと思った。ベティスのサッカーは自分がやりたかったサッカーだったので、オファーをもらったとき、もちろん迷ったけど、挑戦してみたい気持ちが込み上げてきた」

 乾は15-16シーズンからエイバルでプレー。3シーズンで公式戦92試合に出場し、11ゴール7アシストを記録した。昨季6位のベティスは新シーズンでヨーロッパリーグ(EL)にも出場する。

 会見に同席したジェネラル・ダイレクターのラモン・アラルコン氏は乾を獲得した理由について「プレーの勤勉さ、そして謙虚さ。もう一つはチームプレー、コレクティブなプレーができること」と説明。「チームの中でこの3つが重要な要素になる。すべてにおいてレベルが高いのは証明してくれているので、ベティスでも活躍してくれると思う」と太鼓判を押した。

 ラモン氏の言葉を受け、乾は「うれしいですし、あとはプレーで証明するしかないかなと思う」と力説。すでに新シーズンに向けて始動しているチームには今月26日に合流予定。「楽しみしかない。楽しんでサッカーをやりながら、その中でヨーロッパリーグもそうだし、リーグでも少しでも上に行けるように頑張っていきたい」と意気込んだ。