さだまさしが“初”イベント 野外会場にご満悦「自由で平和な感じがいい」(サンケイスポーツ)

10月にデビュー45周年を迎えるシンガー・ソングライターさだまさし(66)が7日、新アルバム「Reborn ~生まれたてのさだまさし~」の発売を記念し、ラゾーナ川崎で自身初のリリースイベントを行った。

 これまで個人レーベルで活動してきたために機会に恵まれなかったが、今年は大手レコード会社、ビクターエンタテインメントに移籍したことから実現。通行人も行き交う野外会場に、「興味がなくて素通りする方もいて、自由で平和な感じがいい」とご満悦で、代表曲「北の国から~遥かなる大地より~」と同アルバム収録曲「茅蜩(かなかな)」を熱唱した。