片山晋呉「自分のゴルフ人生の糧にしたい」プロアマ問題で謝罪(デイリースポーツ)

男子ゴルフの片山晋呉が27日、ツアー大会前のプロアマ戦で一般の同伴プレーヤーが不愉快に感じる態度をしたとされる問題で、謝罪会見を行った。

【写真】会見で明かされた“不愉快にさせた行為”とは…

 片山は神妙な表情で「ふがいない思いをさせ、申し訳ございませんでした。ゴルフをしている全ての関係者にこういう騒ぎになってしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪。 厳重注意処分を受けたことを報告した上で「青木会長からは『ゴルフトーナメントを、よりいいものにしていくためにやっていきましょう』という言葉をうけました。自分が反省することは反省し、やっていかなければいけないことをみきわめて、自分のゴルフ人生の糧にしたいと思っています。今回はこういう騒動をして申し訳御座いませんでした」とした。

 この日、国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)が都内で定例理事会を開き、片山の処分を検討。すでに5月30日に30万円の罰金が科されていたが、追加で厳重注意処分となった。

 理事会終了後、青木功会長、石川遼副会長兼ジャパンゴルフツアー選手会長とともに騒動後初めて公の場で会見に臨んだ。冒頭、青木会長は「ご招待者、本大会に関わられた全ての方に対し、改めてお詫び申し上げます」と謝罪した。

 片山は5月30日に行われたツアー選手権森ビル杯のプロアマ戦で、同組だった招待客が不愉快と感じる態度を取り、プレーが中止となった。JGTOの調査によると、片山は集合場所に一番最後に現れ、招待客への声がけも少なく、グリーン上で自身のパッティング練習を行うなどしたという。