石川遼副会長、片山晋呉の行動は「アマチュアの方の期待を裏切ってしまった」(スポーツ報知)

国内男子ツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日、都内で定例理事会を開き、プロアマ大会で不適切な行動をとった国内男子ゴルフツアー通算31勝の永久シード保持者・片山晋呉(45)=イーグルポイントGC=にすでに課している30万円の制裁金に加え、厳重注意の処分を下した。

 片山は理事会終了後、青木功会長(75)、石川遼副会長兼ジャパンゴルフツアー選手会長(26)らとともに騒動後初めて公の場で会見。片山に先立って発言した石川副会長は「他の競技にないプロアマの良さ、ゴルフ人口が減少している中でアマチュアの方がプロと一緒に1日、プレーできるというものへの期待を裏切ってしまった。今後、ゴルフが魅力的なものに映るように一層、努力していきたい。ファンサービスなど、一人の社会人として選手全員が身につけられるように努力していきたい」と話した。

 片山は5月30日に行われた日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマで同組の招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させた。15日に文書で「当面の間、(ツアー)出場を自粛させていただく」と表明していた。