片山晋呉が謝罪「至らなかった」当該アマは復帰望む(日刊スポーツ)

日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日、都内で定例理事会を開催し、5月30日のツアー選手権森ビル杯のプロアマ戦でアマチュアの招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させたとする永久シードの片山晋呉(45=イーグルポイントGC)に厳重注意処分を科すと発表した。JGTOは6月6日に調査委員会を発足され、同25日に委員会懲戒・制裁委員会で報告書が提出されていた。

 同日に都内のホテルでJGTO青木功会長(75)、選手会長となる石川遼(26)らとともに記者会見に臨んだ片山は深々と頭を下げ「この度は一緒に回られた同伴者の方に不快な思いをさせてしまい、申し訳ない気持ちでおります。ゴルフを支えてくださった方、ファンのみなさま、こんな騒ぎを起こしてしまって申し訳なかったと思います」と謝罪の言葉を述べた。

 この日16時に片山に厳重注意を行った青木会長は「私が会長になって2年半が経ちましたが、このようなことが起こって大変、残念でありません。いろいろな意見は会長である私が受け止める決意です」と厳しい表情で口にした。

 既に片山は5月30日当日に、JGTOから懲戒・制裁過程に基づき、30万円の制裁金を科されていた。6月15日には自らの公式ブログで謝罪の文書を発表。6月8日に当該アマ、同13日には大会特別協賛社の森ビルに直接謝罪したことを明かし、当面のトーナメント出場を自粛する意向を示していた。JGTOによると、当該アマは片山の復帰を望んでいるという。

 片山は「会長から厳重注意をたくさんいただきました。私が至らなかったところがあります。青木会長とJGTO、プロアマをいいものしようと一緒になってやっていこうと言われました。反省とするところは反省し、自分のゴルフ人生の糧にしていきたいと思います。申し訳ございませんでした」と神妙な面持ちで謝罪していた。